Intel Galileo日本向け製品版のご紹介

投稿日: 更新日:

20140109-163931.jpg

Intel Galileoの日本向け製品バージョンがようやく入手できましたのでご紹介します。

Maker Faire Rome ’13 (以下MFR)で配布されたものと同じパッケージに見えますが、

なんと、サイズが小さくなっていました!上がMFR配布版です。
20140109-163946.jpg

こちらは裏側。デザイン自体は、ほぼそのまま、サイズだけ小さくなった感じですね。
20140109-163955.jpg

開封すると、中のパッケージングも変わっているようです。
20140109-164010.jpg

こちらもMFR配布版と比較してみます。外箱のサイズに合わせてデザインが変わっています。
20140109-164027.jpg

全部開けてみると、MFR配布版とくらべて内容が少ないようです。
20140109-164039.jpg

こちらで梱包内容全部です。Galileoボード本体、ACアダプタ、各国用プラグ、保証とレギュレーション情報の冊子だけです。ACアダプタにはPSEマークがありました。
20140109-164114.jpg

↓の写真が、MFR配布版では付属していたものです。バニー人形やUSBケーブル、基板の足などが、製品版では省略されたようです。
MFR版ではQuick Start GuideとWarranty Cardの2枚ペラが付属していましたが、製品版では冊子と上蓋の裏の記述に変更になっています。
あと、MFR配布版はパッケージを開けると光センサーでインテルのジングルが再生されるギミックがついてましたが、製品版では省略されていました。

20140109-164125.jpg

20140109-164137.jpg

上が製品版、下がMFR配布版のGalileoボードです。ざっと見渡した限りでは部品やレイアウトの変更はないようです。シリアルやMACアドレスシールの貼付位置が変更になっているようです。
Board_Front

こちらは裏側。こちらもラベル類がなくなっている以外、ハード上の変更点は見当たりません。
Board_Back

取り急ぎGalileo製品版パッケージと内容をご紹介しました。利用勝手の違いなど、また気がついたらTwitter (@galileoq) か、こちらのブログの記事でお知らせします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中